私が影響を受け、そしてここで紹介するコミックは、荒木飛呂彦教官作品「ジョジョの奇妙な冒険」だ。こういう力作は、最初世紀以上に越えるジョースター自宅とDIOとの縁故を描いた力作であり、主人公共が、孫へ、孫へと代替わりしていきます。現在はパラレルワールドです第七部の延長線上である第八部が連載され、連載している時はも30年に近寄る長生き力作だ。ゲーム化、アニメ化と拡がりを見せ、適切人考え力作として成長しました。

「ジョジョ」が読者に好かれているコンポーネントと言えば、超用量による知能戦や独特のフレーズ回し、ポージング、迫力のある絵の作り、カワイイ芸風周辺があげられている。私も、どのコンポーネントも好きな理由になっていますが、特に私がこういう力作が激しいとおもう理由は、名作を土台にしておる、という点だ。

作品者、荒木飛呂彦教官が語った「好きなビデオ頂点3」には「大脱走」「ジョーズ」「ゴッドファーザー」がありました。これらの力作は「ジョジョ」を構成する上で欲しい要素です。大脱走のバージル・ヒルツ(スティーブ・マックイーン)のような主人公共、ジョーズのようなホラーからスタート押し問答に向かって出向くストーリーの運び方、そして、ゴッドファーザーの大河ロマン。これらを混ぜたのがまさしく「ジョジョ」だ。

荒木教官は、多くの名作から吸収し、そして「ジョジョ」に活かしている。これをパクリと練る方もいますが、私はそうは思いません。圧倒的独特力作と言うのはあり得ません。自分の見たカタチや集積だけでは限界があります。美術家と言うものは、多くの名作に触れ、吸収し使いこなすため始めて良い力作が出来るのだということを「ジョジョ」を通して解ることが出来ました。

私も文献を嗜好で書いているのですが、私も「ジョジョ」のように、多くの力作に触れて、そしてそれを自分の力作に活かせたらなと思います。